学校と同窓会の沿革

 
       明治40年  4月

  (1907)

    山崎町立技芸専修女学校創立    宍粟郡山崎町鹿沢78番7
 
 
       大正 2年 2月

 
    宍粟郡立技芸専修女学校に変更


宍粟郡立技芸専修女学校 校旗 

校舎を山崎尋常高等小学校の一部を仮用
 
生徒 第1学年 18名

第2学年 19名

第3学年 19名

大正 2年 3月

 

校舎及び養蚕実習室(兼寄宿舎)落成
 
校舎は元宍粟郡役所庁舎を移転改築

大正 2年 4月

 

第1回卒業式 卒業生17名

修業年限を3年から4年に

     宍粟郡立技芸専修女学校 第一回卒業生
  

大正 2年 4月

宍粟郡立実科女学校と改称

大正  4年  2月

       4月

同窓会組織結成相談会

同窓会発会式挙行

大正 7年 8月

実業学校に改称し、男子部を併置

大正 8年 4月

     11月

宍粟郡立宍粟実業学校と改称

女子部寄宿舎に於いて同窓会総会 同窓生21名

大正11年 4月

県営に移管し兵庫県立山崎実業学校と改称

 大正12年 4月

兵庫県立山崎高等女学校に変更   兵庫県立山崎実業学校廃止

 大正13年 3月

第1回卒業式 卒業生46名

  山崎高等女学校 第一回卒業生
    

 昭和 4年 5月

      11月

昭和4年度卒業生により『校旗』寄贈

同窓会総会の余興に 活動写真会開催

 昭和 8年 4月

創立10周年記念式 同窓会総会

 昭和13年 9月

創立15周年記念式 同窓会総会

     昭和13年度 同窓会総会
  

昭和23年 4月

兵庫県立山崎高等学校と校名変更

私立篠陽裁縫女学校を合併

(学級数:普通科3・家政科2 定員750名)
 
旧正門
 

昭和23年10月

定時制課程併設
(中心校、神戸、千種、西谷分校、学級各1)

昭和24年 3月

林業科設置(学級数1)

 昭和26年 4月
   定時制課程三方分校設置(学級数1)
   昭和29年 7月
   本校を現在地に移転
 
   昭和31年 1月            
      山崎高等学校同窓会発足 初代会長 北川智惠さん就任
   昭和32年 4月

   定時制課程西谷分校を波賀分校と改称

   昭和36年 4月

   神戸、三方、波賀の3分校を統合し伊和分校を加置
   昭和37年 4月
   伊和分校、千種分校を全日制課程に移行